【イベント】~リクルート流×エムアウト流の事業開発の特徴や事業創出のポイントを解説~ ユーザベースグループ(SPEEDA・EXPERT RESEARCH)共催特別イベント 「現場から見た“新規事業創造”の成功戦略」を開催

2018.08.13 イベント

 

プレスリリースはこちら

 

エキスパート・ネットワーク サービス「EXPERT RESEARCH」を提供する株式会社ミーミル(所在地:東京都中央区、代表取締役:川口荘史、以下ミーミル)は、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」を提供する株式会社ユーザベース(以下、ユーザベース)、と連携し、8月30日に「現場から見た“新規事業創造”の成功戦略」セミナーを開催いたします。
当日は、新規事業の第一線を走る専門家(麻生要一氏、守屋実氏)の対談を通じて、リクルート流×エムアウト流の事業開発のそれぞれの特徴や事業創出の大切なポイントを解説頂きます。

詳細はこちらから:https://jp.ub-speeda.com/event/event20180830.html

 

人口減少社会、市場の成熟化、多様化などに伴い、あらゆる業界で、新規事業のインキュベーションは必要不可欠な時代に突入しています。本イベントでは、企業内起業(社内インキュベーション)における国内第一線のエキスパートと、マーケットアウトというコンセプトに基づき新規事業創出を行い続ける第一線の連続新規事業家、異なる強みを持つ二人の新規事業エキスパートによる対談形式で、双方の視点から新規事業創出における大切な視点やポイント、新規事業が生まれない企業内部におけるの問題点等について語っていただきます。チャレンジを求められている新規事業担当者様すべてにおすすめのイベントです。

背景・目的

人口減少社会に突入し、市場縮小傾向が続く国内市場、テクノロジーの進化により業界再編が進む各産業界、市場の成熟化・多様化等により、各市場の縮小やスピーディーな変化などが起き、新規事業は、「生み出し続けなければならないもの」となりました。
各社、「社内新規事業コンテスト」「アクセラレーションプログラム」「オープン・イノベーションプログラム」「CVC設立」など、様々な施策でチャレンジを続けていますが、事業創出に結びつかないといった課題を抱えている企業が多いのが現実ではないでしょうか。

こうした昨今の新規事業への注目度の高まりや課題意識を受け、ユーザベースグループでは、新規事業インキュベーションの第一人者「クオリティ・エキスパート」の対談形式のセミナーを行うことで、事業創出のポイントを浮き彫りにしていくセミナーを開催致します。

■「現場から見た“新規事業創造”の成功戦略」について

リクルートで約1500の社内プロジェクト及び約300社のベンチャー企業・スタートアップ企業のインキュベーションを支援してきた企業内起業の最前線を走る麻生 要一氏と、「マーケットアウト」のコンセプトに基き、新規事業を創出する専門会社エムアウトの創業および、自身で49もの事業創出を行ってきた守屋 実氏。

今の新規事業の第一線を走る両氏の対談を通じて、リクルート流×エムアウト流の事業開発のそれぞれの特徴や違いを浮き彫りにしていくとともに、事業創出の裏側からみた大切なポイントを、参加者に学び取ってもらうことを目的としたセミナーを予定しています。
日々新規事業の模索を行う経営企画/新規事業担当者向けに、新規事業創出におけるポイントについて理解を深めて頂くことを目的にしています。
当日は、パネルディスカッション形式にて、両氏の視点から、新規事業創出の現状と今後についてヒントを提供いたします。

■セミナー概要

日時:8月30日(木)18:00〜20:30(17:30受付開始)
※懇親会も開催予定です。

場所(東京):ユーザベース社 本社(六本木 新本社) イベント会場
(〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 3F)

定員:100名(定員を超過する申し込みがあった場合は抽選となります)

費用:2,000円(懇親会の参加にかかわらず必要となります、当日、会場にてお支払いください)

 

タイムスケジュール(※変更する場合がございます)

17:30 開場(受付)

18:00 「リクルート流、新規事業創造」麻生 要一 氏

18:15 エムアウト流、新規事業創造」守屋 実 氏

18:30 パネルディスカッション

Panelist

麻生 要一 氏
守屋 実 氏
Moderator
株式会社ユーザベース 西川 翔陽(SPEEDA事業 セールス&マーケティングチーム マネジャー)

19:30 懇親会

20:30 終了


こんな方におすすめ

・新規事業創造に携わられている経営企画/新規事業ご担当者

・社内インキュベーションを検討中・推進中のご担当者

・企業の更なる成長事業を模索している経営企画/研究開発/事業開発のご担当者

※参加希望者については、以下よりお問い合わせください。(今回の募集は締め切っておりますが、次回開催のご案内をいたします)

問い合わせ先:info@mimir-inc.biz

 

登壇者について

 

麻生要一  

アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO、ゲノムクリニック 代表取締役 共同経営責任者/UB ENTURES ベンチャー・パートナー、MIMIRクオリティ・エキスパート

東京大学経済学部卒業。株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社(株式会社ニジボックス)を立ち上げ、経営者としてゼロから150人規模まで事業を拡大後、ヘッドクオーターにおけるインキュベーション部門を統括。社内事業開発プログラム「Recruit Ventures」及び、スタートアップ企業支援プログラム「TECH LAB PAAK」を立ち上げ、新規事業統括エグゼクティブとして約1500の社内プロジェクト及び約300社のベンチャー企業・スタートアップ企業のインキュベーションを支援した経験を経て、自らフルリスクを取る起業家へと転身。2018年2月に企業内インキュベーションプラットフォームを手がける株式会社アルファドライブを創業。また、2018年4月に医療レベルのゲノム解析のサービス化を目指す株式会社ゲノムクリニックを共同創業するほか、2018年6月より「UB VENTURES」ベンチャー・パートナーに就任(兼任)。

守屋 実 

連続新規事業家、守屋実事務所 代表、MIMIRクオリティ・エキスパート

ミスミの新市場開発室で、メディカル事業の開発に従事。新規事業の専門会社エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口氏とともに創業、 複数の事業の立上げおよび売却を実施。2010年に守屋実事務所を設立。設立前および設立間もないベンチャーを主な対象に、新規事業創出の専門家として活動。自ら、投資を実行、役員に就任、事業責任を負うスタイルを基本とする。ラクスル、ケアプロの立上げに参画、副社長を歴任後、博報堂、メディバンクス、ジーンクエスト(ユーグレナグループ)、サウンドファン、 ブティックス、 SEEDATA(博報堂グループ)などの各社取締役、フェローなどを兼任。リクルートホールディングスなどの、大手事業会社のアドバイザーなどを歴任。2018年からは、JAXAでも新事業促進部事業開発グループにて宇宙産業の新規事業に取り組む

モデレーター:ユーザベース 西川翔陽(SPEEDA事業 セールス&マーケティングチーム マネジャー)

 

■SPEEDAについて

SPEEDAは、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。現在、事業会社、金融機関、コンサルティングファームなど900社を超える導入実績があります。中期経営計画策定、M&A戦略策定、海外戦略策定、新規事業開発、競合企業調査、営業戦略策定、営業企画策定、マーケティングなど様々なビジネスシーンで活用されています。

URL: http://www.uzabase.com/speeda/

 

■ミーミルのエキスパートリサーチについて

ミーミルでは、新規事業・投資検討の際の有識者インタビューが可能な国内トップクラスのエキスパート・ネットワークを構築した「エキスパートリサーチ」サービスを提供しています。また、ハンズオン支援を求める企業向けに外部人材とチームアップができる「オンデマンド・コンサルティング」も提供しています。

URL:https://expert-research-mimir.com/