【イベント開催】「BtoB(toX)」×「新規事業」の成功確度を高める視点と進め方 宮井弘之(株式会社SEEDATA 代表)

2020.07.27 イベント

7月29日、新規事業立ち上げに関するウェビナーを開催します。

数々の大企業向け新規事業立ち上げ・イノベーション創出支援を行ってきたエキスパートが、BtoB(toX)における新規事業立ち上げにおいて重要な視点とワークデザイン法をお伝えします。

申し込みはこちらから

http://ptix.at/dTaX7h

=====セミナーのアジェンダ=====
・BtoB(toC)モデルの最新動向
・知見がない業界/分野での事業立ち上げにおいて壁となる「3つの不足」
・壁を乗り越えるために必要な「2種類の外部人材」とは?
・視聴者の悩みにお答えする「即興ワークデザインセッション」

BtoBtoCと言われる、直接的な顧客の先に最終消費者がいるビジネスモデルで新規事業を立ち上げる場合、「業界専門性」と「消費者理解」の両立が不可欠です。さらに自社に全く知見のない業界にて事業立ち上げる場合は難易度が高まり、新規事業のアイデア出し・事業計画書作りなどはある程度終えたが、そこから先に進めないというケースも多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、近未来の生活者洞察を通じた新規事業創造・新商品/サービスデザインなどを提供している株式会社SEEDATA 代表の宮井様にご登壇頂き、同社がご支援した某通信系BtoB企業での事例や、SEEDATA自身の新規事業立ち上げの経験を元に、業界知見がない中でどのように新規事業を進めていったのかを解説頂きます。
セミナー後半では、事前もしくはリアルタイムで参加者の新規事業のお悩みをお聞きし、即興で新規事業のアイディエーションや事業の具体的な進め方(ワークデザイン)についてお話する企画もご用意しております。

※本セミナーは、ミーミルとSEEDATAが共同で2020年7月より提供を開始します新サービス「専門人材伴走型新規事業開発パッケージ」のローンチを記念して実施されます。
「専門人材伴走型新規事業開発パッケージ」についてはこちら

======セミナー実施概要======
日時:7月29日(水)11:00〜12:10(70分)
方法:オンラインセミナー(Zoomを使用予定)
お申し込み頂いた皆様に、視聴用URLを発行いたします。
費用:無料
対象:新規事業開発ご担当者など

====登壇者====
MIMIRエキスパート 宮井弘之(株式会社SEEDATA 代表)

79年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。02年博報堂入社。情報システム部門を経て、博報堂ブランドイノベーションデザイン局へ参画。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。流通・ヘアケア・スキンケア・サニタリー・アルコール飲料・清涼飲料・食品・嗜好品・保険・証券・デバイス・ホテル・行政・旅行・教育・放送局・出版社・半導体製造装置・車載部品・電力等の幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。博報堂子会社であり、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを経営。その一方で自らも現役のビジネスデザイン・アクセラレーターとして活動。
得意分野は、イノベーション組織立上支援・ブランド戦略立案・事業成長戦略立案・ワークショップファシリテーション・消費者調査(定性・定量)。研究の専門分野は消費者行動論。

モデレーター:
株式会社ミーミル マーケティング&カスタマーサクセス統括 中川裕章

<株式会社SEEDATAについて>
・設立:2015年10月15日
・代表者:代表取締役 宮井 弘之
・URL:http://seedata.co.jp/
新規事業創造、新商品開発、サービスデザイン、成長戦略と研究テーマ開発立案に特化したスペシャリスト集団です。近未来の市場動向の示唆が詰まった独自のデータベース=トライブデータベースを駆使するアナリストとビジネスデザイナーが、クライアント企業のイノベーション活動を構想から具現化までワンストップで支援します。

<株式会社ミーミルについて>
・設立:2017年1月5日
・代表者:代表取締役 川口荘史
・URL:http://mimir-inc.biz
SPEEDA/NewsPicks等を提供するユーザベースのグループ会社として、国内外トップクラスのエキスパート(有識者)が持つ「経験知」を活用し新規事業開発・投資検討などにおける意思決定を支援する「エキスパートリサーチ」サービスを提供しています。