~外資投資銀行出身者によるアナリストベーシックスキル導入講座~株式会社ミーミル、事業会社の経営企画やM&A部門向け新しい研修サービスの開発及び提供の開始

2017.06.28 プレスリリース

 

株式会社ミーミルは、ピッチネス株式会社と連携し、新しい研修サービスの開発及び提供開始を発表いたしました。当該研修では、投資銀行出身者が設計し、講師を務めることで、受講者はプロフェッショナルファームの資料作成スキルの水準に到達することができます。既に国内大手証券会社の投資銀行部門や大手総合商社にて数年にわたり継続的に提供実績のあるカリキュラムに改変を加えご提供をいたします。

<プレスリリースの内容>

株式会社ミーミル(所在地:東京都中央区、代表:川口荘史、以下ミーミル)は、6月28日、ピッチネス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表:小林憲弘、以下ピッチネス)と連携し、新しい研修サービスの開発及び提供開始を発表いたしました。ミーミルのそれまでの業界分析、企業調査、M&Aアドバイザリーの経験、及びピッチネスの都市銀行、国内大手証券会社、大手総合商社への投資銀行スキル研修の豊富な提供実績を活かした独自の研修カリキュラムを提供いたします。

当該研修では、投資銀行出身者が設計し、講師を務めることで、受講者はプロフェッショナルファームの資料作成スキルの水準に到達することができます。今後、資料作成で業務時間を無意味に消費することなく、経営企画でもより知的な業務に時間を割くことが可能になる、実務作業や演習、豊富な実際での業務事例を交えた実践的な研修プランになります。
※既に国内大手証券会社の投資銀行部門や大手総合商社にて数年にわたり継続的に提供実績のあるカリキュラムに改変を加えご提供をいたします

■背景・目的

ミーミルのサービスでは、一連のコンサルティング活動や事業企画における調査における、①情報の収集、②情報の整理・資料化、③説明・提案といった流れの中で、特に①及び②のリサーチにかかるサービス提供を行っております。
その中で、実際にリサーチを行う経営企画の若手などの担当者から特に②情報の整理・資料化について、「資料作成に時間がかかる」「業務時間の多くが資料化に割かれるために本来の思考やアウトプットなどの知的活動の時間が十分に取れない」といった声が寄せられることが多く、リサーチを依頼する経営企画担当者からも「社内から上がってくる資料のフォーマットが統一化されていない」「誰に依頼するかでアウトプットの質が変わってしまう」「資料の作成やリサーチの品質について社内で平準化したい」といった声が寄せられていました。
そうした要望に応え、ミーミルでは、情報収集の効率化だけではなく、資料作成方法やそのアウトプットについて、そうした業務を日常的に行っている投資銀行における手法を改変し、そのノウハウを取り入れた研修プランを提供することといたしました。当該研修を通して、受講者がプロフェッショナルファームでも一般的なレベルの水準に到達し、社内の資料作成スキル、業務スキルが平準化し、業務効率を高めていくことが可能になります。

■ミーミルの企業向け研修サービスの特長

  • 投資銀行出身の講師が開発した実務的な研修
    • リサーチや資料化などをプロフェッショナルの水準にします。M&Aや資金調達、IR活動などのアドバイザリーや提案活動を行ってきた出身者が開発し、講師を行います。
    • 説明、解説のみならず、ケースによる演習を行う、実践的で実務的な研修になっています。
  • リサーチに特化した研修
    • 事業会社や業界の分析、調査について、どのような情報が必要か、その情報をどこから取得して、どのように見せていくのか、といった点から具体的に学ぶことができます。
  • 外部のデータベースの活用方法や、それらを積極活用することによる業務の効率化も併せて実施
    • 財務情報のデータベースやニュース記事検索サイトなど、その他の外部の情報データベースなどをどのように活用するかといった点を含めて、どのようにリソースを活用していくかを習得することができます。
    • 知的業務以外に消費される時間を最小限にしていくノウハウを獲得することで、本質的なアウトプットのために頭脳を使うことができるようになります。
  • 表計算ソフト、プレゼンテーションソフトの業務についても基礎的なスキル向上のノウハウを提供
    • 業務効率化のためには、いつも扱っている表計算やプレゼンテーションソフトの扱いについても、ノウハウを提供します。全体のスキルを平準化し、研修を通して業務については驚くほどの効率化が実現できます。
  • 研修者のスキルチェック及び複数年にわたってのフォロー
    • 満足度調査を実施し、実際の社員の満足度と改善ポイントを毎回実施し、社員の水準に合わせた速度、内容に毎年修正していくことで高い満足度を実現しています。
    • 必要に応じてテストを実施し、スキルの定着と社員の適正を把握(応相談)
    • 実務経験者による研修であるため、受講者のスキルを正確に把握。かつ、毎年定点チェックにより、毎年の新卒・中途社員のスキル水準を把握できる
    • 未受講の過去の入社者についても、社内のスキル標準化のための受講も対応可能

 

■当該研修の基礎情報

  • コース名:アナリストベーシックスキル導入講座、業務効率改善のアドバンス研修
  • 受講料:半日(4時間)300,000円(税抜)~
    ※受講者1~10名までの料金。人数や内容に応じて応相談
  • コース概要:リサーチの基礎的なスキル(会社及び業界分析の基礎情報の取得・整理と資料化)と、分析における表計算、プレゼンテーションのソフトの業務効率化のスキル習得
  • 対象:主に大企業の経営企画部、M&A担当の新人、若手、中途採用者
  • ご提供形態:講師による演習形式(研修補助も人数に合わせて応相談)
  • 講師:外資系投資銀行(投資銀行本部)での実務経験者

■クライアントの声

  • 便利な機能やショートカットの使い方について非常に多くを教えて頂き、今後の業務効率化に大いに繋がると思います。こうしたノウハウは独学では中々習得し辛いため、まとめて教えて頂け大変有意義な研修でした。(生徒)
  • 投資銀行・コンサルティングファームでの業務経験に基づき、組織の中で如何に上司・同僚にシェアするか、といった根本的な意識、スタンダードを御教示頂けた点が非常に良かった。(生徒)

(※上記は、過去にピッチネス主催の研修に参加した受講者のフィードバックです)

 

■過去の導入事例(数名程度から最大50名程度の同時受講実績)

  • 都市銀行における新規着任者向けスキル研修
  • 国内大手証券会社の投資銀行部門における新規着任者向けスキル研修
  • 大手総合商社における若手・中堅社員向けスキル研修

(※上記は、ピッチネスの研修提供実績です)

 

詳しくはこちら